早なれ寿司

伝統の味

和歌山県に古くから伝わる郷土料理
早なれ寿司。
昭和二十三年創業、早なれ寿司の老舗
「山忠」の味を受け継ぎました。
七十年の伝統の味を三代にわたり引き継いだ、
熟成された味わいをお楽しみください。


絶妙の握り加減

早なれ寿司の製法はいたってシンプル。サバの骨を抜いて皮を取った後にさばいて塩抜き。そのあとに酢に漬けて、握った酢飯の上にサバをのせ、アセの葉をまき、桶に漬けます。

力を入れすぎるとご飯が硬くなり、力が足りないとバラバラになる・・・握り加減で味が変わるので、まさに職人技の世界。絶妙の握り加減で老舗「山忠」の味を受け継いだ味を自信をもって皆様にお届けいたします。
(米は新潟産コシヒカリ、サバは国内産、酢は酸味の強い厳選したものを使用しております。)